ご高齢者の為のピアノ教室

♪音楽のおもちゃ箱♪代表の私、立松佐喜子は、 ♪なないろのふうせん音楽教室♪を主宰してます。
主に幼児から大人の方まで、熱心な多くの方々の指導をさせていただいてます。

以前、60歳以上の方々も何人か指導させていただいてましたが、
今回、♪音楽のおもちゃ箱♪の活動追加で、ピアノ指導を始める事にしました。

♪音楽のおもちゃ箱♪なので、多分どこよりも安くて楽しいレッスンになると思います。

私は、主に、幼児から大学生を指導させていただいてます。
今まで、コンクールを受ける子供たちも多く、現在も何人かはコンクールを受けてます。
その子供たちが、今、中学生や高校生、そして大学生となり、ピアノが生甲斐のひとつとなっている、と感じてます。
小さな子供たちに、いつも、「今はレパートリーを増やすこと、そして楽譜を読めるようになることに徹してるけど、将来、ずっとずっと続けて、内容の深い演奏、そして、心から楽しんで弾けるようになってね」と言ってますが、中学生以上の生徒が、まさにそのような境地になりつつあります。

さて、
若い時にピアノを習っていたけど、バイエルがなかなか終わらないので辞めた。
先生が怖いから辞めた。
お母さんに叱られるのがいやだから辞めた。
ピアノは習いたかったけど、言い出せなかった。
など…そして…今は…
何故か、ピアノが懐かしい、かっこよく見える、弾いてみたい…
どうしてでしょう??

音楽は、音で遊ぶ事から始まりました。
言葉を歌で歌ってみる。
音の出るおもちゃを作ってみる。
…これに関しては、私は幼い時、卓球のラケットに輪ゴムを付けてみてお箸でこすると、こする場所によって音が変わる、それが面白くて何時間も遊んでました。
コップに水を入れて叩いてみたり、お箸でお茶碗を叩いてみたり…
思い当たる事がきっとどなたでもあると思います。

これが音楽の原点です。

ところが、長い長い歴史の中で、改良に改良を重ね、それぞれの楽器が途方もない難しいものとなり、習わなくては演奏できないものとなりました。
つまり、おけいこ事の誕生です。

おけいこ事として、小さなときにいやいやながら習っていたピアノが、大人になって何故か弾きたくなる。(私のピアノ教室の生徒は、ラッキーなことに結構喜んで弾いてますが…)
心の底から、ピアノや楽器を魅力に感じるのは、大人になってからだと思います。

まあ、いろいろ書き捲りましたが、
理屈なしに、弾きたくなった方は、ひとりで弾いているより、習った方が上手くなるのは明らかです。
ちょっと習ってみよかな?
そんな時に月4回レッスンは、ちょっとキツイですよね。
年金生活では、高い月謝ももったいないです。

だから、ご高齢者(65歳以上)の方に格安でレッスンさせていただこうと思いました。
私も、だんだん近づいてきたので(今年1月に還暦を迎えました。ナイショ)親近感が増してきた訳でして…
後日、「音楽のおもちゃ箱」サイトにピアノ教室のページを作成します。
お楽しみに!!

とにかく、どこよりも安いレッスン料金、どこよりも楽しいレッスン内容を考えますね。

もうチョイ、お待ちください!!

※内容はわからないけど、ピアノ教室にご興味おありの方はご連絡下さい。
ご相談しながら、指導内容やレッスン料など考えてみたいです。是非、よろしくお願いいたします。

「音楽のおもちゃ箱」ホームページ
http://www.omotyabako.com/

アドレス
info@omotyabako.com

筺fax 075-705-2476
| 楽器指導 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
音楽カード
音符やピアノをイメージしたイラスト入りのメッセージカード 10.2フェスタで販売します
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM